配偶者ビザを一家団欒の場でとりあげる

大学時代にアメリカへ留学中に今の嫁と知り合いました。彼女は、異国の地で留学する自分に対してとても優しく、勉強など色々なことを教えてくれていました。そんな彼女の優しさから一目惚れをして、帰国後もお付き合いをしていました。当時はまだ結婚ビザはもっていませんでしたので、ビザなしの観光ビザなどでした。

やがて二人で結婚も約束し、国際結婚という困難な道のりをたどる事になったのですが、一番の困難であったのは自分の両親への説得と結婚ビザの取得でした。

突然告げられた、国際結婚であり戸惑いもありました。しかし、彼女と接するうちに彼女の優しさに共感してくれるようになり、無事に説得することが出来ました。今では、子供もいて幸せな家庭を築いています。結婚ビザも3年をいただきました。配偶者ビザ